2008年11月27日

証券会社のネット口座かネット証券会社か

最近の金融不安の影響で投資の熱が冷めているのかと思ってましたが
実は証券会社ネット証券の問い合わせは増えているんだそうです。

確かに金融不安による株安は個別の会社を評価して株価が下がった
訳ではないですから不当に株価が値下がりしている状態との見方も
できるわけですね。

そこで今が投資のチャンスと考えている人も多いということなんですね。


でも窓口口座を開設して取引するのも面倒なので簡単にネットで
手続きをしてネット口座で株の取引をしようと考えている人が
多いって事なんでしょうね。

そこで各証券会社ネット口座ネット証券会社の口座を
実際に開設してみるとその使い勝手は千差万別なんですね。

私は数年前から「IPO」という新規公開株式の投資をやっているので
証券会社の口座は20個ほど開設しています。

ほとんどの口座はたまにしか使わないのですがそれでも
一通りの口座は使った経験はあります。

大手証券会社の窓口口座も数社開設してますが確かに担当の
営業電話が来るのでわずらわしいのも事実ですね。

特に最近は電話が増えた様な気がします。。。

勧めてくるものは大半が証券会社の都合を優先してますから
宛てにならない事の方が多いですからね。


ですから私もネット口座がオススメだと思います。


ではどこの証券会社ネット口座が良いのかと言いますと・・・

各社特徴がありますのでコレとは決められませんが・・・

デイトレードの様な短期の取引を頻繁にやるなら手数料の安い
証券会社が良いとか、様々な情報を多く見る事が出来る口座が良いとか
自分の所有している複数の株式の管理がしやすい等々・・・

最近では夜間取引が出来るとかワラント等の様々な金融商品の
取り扱いがあるとか、サポートはメールのみか電話もOKか等も。

一度自分がどのような事を重視するのか紙にまとめてみると
いいのではないでしょうか?

それとも私の様に片っ端から口座開設してみて一通り使って自分が
使いやすい口座を絞るのも一つの方法だとも思いますが。。。


私も全部を使いこなしている訳では無いのではっきりしたことは
言えないのですが、私の分かる簡単な事で何かお役に立てる事が
あればお手伝いしますよ。

コメントになんなりと書いて下さいね。



posted by ニック at 12:00| ☁| Comment(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

失敗の無いワインオープナー ワインウィザード

クリスマスが近づいてきましたがクリスマスにはワインを飲みますか?
どちらかというとシャンパンでしょうか?

ワインを飲む時にコルクを開けるのって力が要るしちょっと難しいですよね。

私なんかは安いワインしか飲んだことが無いのでコルクも弱くて
途中でちぎれちゃったりすると最悪なんですよ。。。


力の弱い女性でも簡単に失敗無くワインコルクを開ける事のできる
ワインオープナーがありました。

ワインウィザードといいまして上からコルクに針を刺すだけで
1秒でコルクが抜ける夢の様なワインオープナーなんです。


その秘密はコルクに刺した針先からガスを注入してビンの内圧を高くすると
勝手にコルクが抜けてくるって仕組みです。

逆転の発想と言いますか、今までの様に力ずくで抜くのではなくて
コルク自体が自然と抜ける様に仕向けてやるだけ。

本当に簡単に見事に綺麗にコルクが抜けます。


このワインウィザードの使い勝手の良さは見事の一言に尽きますね。

ただし、ガスを封入して圧を高めるために元々炭酸によって高い圧力が
かかっているシャンパンには危険なので使えません。

(物理的には可能ですが何が起こっても保障できません・・・)


このガスカートリッジ1本で約80〜100本程度は開けられます。

このワインオープナーワインウィザードがあれば
パーティーが盛り上がる事は間違いないです!

これからの季節は何かと役に立つと思うので一家に一個いかがでしょうか?


一応「楽天」で売ってます。(いろんなお店で取り扱ってます)
※ 興味のある方はクリックすれば「楽天」に移動します
     ↓ ↓ ↓



posted by ニック at 11:53| ☁| Comment(0) | アルコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書き順辞典・筆順辞典 楷書行書草書で違います

最近は公式な文書なんかはほとんどPCのワープロソフト等で
入出力すると思いますが、たまには毛筆や硬筆で真剣に
書いてみるのもいいのではないでしょうか?

でも昔の書道を習っていた頃に学校で習う書き順と書道の筆順
異なるのでかなり迷った記憶があります。

みなさんもそんな経験は無いでしょうか?


また、学年が進んでくると書く字が楷書から行書に近くなるのですが
自己流で崩すと文字のバランスが取れなかったり書きづらかったり
した経験も無いですか?

そんな時に大活躍の辞典がありました。

書き順辞典
とか筆順辞典と呼ばれているもので
一画一画丁寧に書かれています。

普段あまり字を書かなくなっていると思いますが
必ず手で書かなければならない時ってありますよね?

そんないざと言う時にはきちんと書ける様に
勉強しておきたいものですね。

また、最近の年賀状は印刷が多いと思いますが
たまに手書きの年賀状を出してみると
受け取った人の印象がかなり違うと思いますよ。

そんな時にも書き順辞典筆順辞典があれば綺麗な字が書きやすい
書き順がすぐに分かります。

また、書き順辞典筆順辞典では草書体の字も書かれているので
草書体の字を調べて読むこともできちゃうんです。

私の子供の頃にこの書き順辞典や筆順辞典があれば
迷わずに済んだのに。。。

趣味の習字やペン字、手紙に年賀状等でも一家に一冊あると
とっても便利な辞典です。


やっぱり字の綺麗な人って尊敬しちゃいますし、
特に字の下手な目上の人を見るとちょっとガッカリ
しちゃいませんか?


他の人にそんな目で見られないように勉強して
しっかりと練習しておきましょう。


一応「楽天ブックス」で売ってます。
※ ご興味のある方はクリックすると「楽天ブックス」に移動します
  ↓ ↓ ↓



posted by ニック at 08:00| ☁| Comment(0) | 便利グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年年賀状の素材探し

みなさんはもう年賀状の準備はお済でしょうか?

年賀状の準備と言っても「もう買いました」って事じゃないですよ。


肝心な裏面の準備の事です。


みなさんは裏面っていつもどうしてますか?

業者に印刷を依頼してます?

それとも自分でPC等を使って絵柄を選んで印刷してます?


私は自作派なんですがいつも今頃になると頭を悩ませてます。。。


年賀状作成ソフトを使ってますが画像の素材が似たり寄ったりに
なってしまうので多少は自分のアレンジを加えてと思うのですが・・・

そうなると新しい素材が欲しくなってしまいます。

そこでネットでいろいろと無料の素材を探すのですが、これと言った
ものがなかなか見つからないんですよね。


そんな時にたまたま郵便番号検索のために郵便局のサイトに行ったら
なんと年賀状の素材からテンプレートまで用意されてました。


これって前からやってたんでしょうかね?

私は最近気づいたんですがそこそこ種類も豊富で使えそうなものが
多いのにはビックリしました。

郵便局としても年賀状を出してもらうのが目的ですからより良い
素材やテンプレートを提供するのはサービスとして自然ですかね。


今回は皆さんはもう既に知っていたかもしれませんが、私は個人的に
結構驚いた発見だったので書いてみました。。。

posted by ニック at 07:00| ☁| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。