2008年11月27日

書き順辞典・筆順辞典 楷書行書草書で違います

最近は公式な文書なんかはほとんどPCのワープロソフト等で
入出力すると思いますが、たまには毛筆や硬筆で真剣に
書いてみるのもいいのではないでしょうか?

でも昔の書道を習っていた頃に学校で習う書き順と書道の筆順
異なるのでかなり迷った記憶があります。

みなさんもそんな経験は無いでしょうか?


また、学年が進んでくると書く字が楷書から行書に近くなるのですが
自己流で崩すと文字のバランスが取れなかったり書きづらかったり
した経験も無いですか?

そんな時に大活躍の辞典がありました。

書き順辞典
とか筆順辞典と呼ばれているもので
一画一画丁寧に書かれています。

普段あまり字を書かなくなっていると思いますが
必ず手で書かなければならない時ってありますよね?

そんないざと言う時にはきちんと書ける様に
勉強しておきたいものですね。

また、最近の年賀状は印刷が多いと思いますが
たまに手書きの年賀状を出してみると
受け取った人の印象がかなり違うと思いますよ。

そんな時にも書き順辞典筆順辞典があれば綺麗な字が書きやすい
書き順がすぐに分かります。

また、書き順辞典筆順辞典では草書体の字も書かれているので
草書体の字を調べて読むこともできちゃうんです。

私の子供の頃にこの書き順辞典や筆順辞典があれば
迷わずに済んだのに。。。

趣味の習字やペン字、手紙に年賀状等でも一家に一冊あると
とっても便利な辞典です。


やっぱり字の綺麗な人って尊敬しちゃいますし、
特に字の下手な目上の人を見るとちょっとガッカリ
しちゃいませんか?


他の人にそんな目で見られないように勉強して
しっかりと練習しておきましょう。


一応「楽天ブックス」で売ってます。
※ ご興味のある方はクリックすると「楽天ブックス」に移動します
  ↓ ↓ ↓



posted by ニック at 08:00| ☁| Comment(0) | 便利グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。