2008年12月25日

これからは自給自足も考えて 家庭用耕運機

昨今の食品偽装問題はみなさんも不安に感じていると思いますが
多分、まだまだ氷山の一角なのではないでしょうか。。。

それに加えて日本の食料自給率が4割を切る状況では何かの弾みで
食料の輸入が途絶えてしまうと一気に食料危機に襲われるでしょう。。。


こんな状況に少しでも対応できるように自給自足を考えてみませんか?

いきなり完全な自給自足は無理なので簡単な畑作からでもやりませんか。

首都圏に住んでる方にはちょっと難しいのかもしれませんが・・・


私の自宅は郊外なのですが家の周りの小さい畑でも観賞用の物はほとんど
無くて実の成るものばっかり植えてます。。。

自分で育てた物は形が悪くてもちょっとくらい虫が食ってても美味しいですよ。


で・・・

何が大変かといいますとまずは畑を耕す事が大変ですね、本当に骨が折れます。

面積が広ければ広いほどだんだんと気が遠くなってきます。


そこで先日のテレビ東京のWBSでやっていた家庭用耕運機が目にとまったの
ですが、それもガソリンではなくて家庭用のカセットボンベで動くんです。

あの鍋をやるときに使うコンロ用のカセットボンベが燃料なんですよ。

ガソリンだと燃料を買うのも持ち運ぶのも結構面倒なんですが、
カセットボンベならば燃料はどこにでも売ってますから簡単ですね。


一本で約30分動くそうなのでとっても手軽で、同じ耕すにも鍬やスコップで
耕すよりも土が細かくなるので根がしっかりと張りやすいんだそうです。


ただし、耕運機の本体価格は約10万円だったと思いますが・・・

あと、名前は・・・

確か・・・

「エコ・ラテ」だったような、何気に見ていたテレビだったので
メモを取るのが間に合わなかったんです。。。


でも、もう少し広い畑が手に入るのならあの耕耘機は本気で欲しいですね。

ワゴンタイプの車なら荷台に乗る大きさで丁度良いんです。


みなさんも本当に自給自足を考えてみた方がいいと思いますよ。


私は来年には郊外の貸し畑にも申し込んでみようかと考えてます。。。


posted by ニック at 19:05| ☁| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。