2009年01月14日

加湿器病には気をつけて!

みなさん加湿器病って聞いたことありますか?

私もこのblogでも何度か(確か昨日も)加湿器をご紹介してきましたが
加湿器病という言葉は初めて聞きました。。。


加湿器には蒸気の出し方に大きく分けて二通りの方法があります。

一方はお湯を沸かしてその水蒸気を飛ばす方法で原始的な方法なんですが
お湯を沸かすため消費電力が多くなり小児等の火傷も心配です。

もう一方は超音波を使って水を霧状にして飛ばす方法で構造が単純で
安価に製造でき火傷の心配も無く最近はこちらが多い様です。


で、加湿器病に問題なのは超音波式の方なんです。


超音波式は加熱していないので殺菌作用が特には無くて、おまけに超音波は
水道水中の塩素を飛ばしてしまうためより殺菌作用がなくなってしまうそうです。

そこで、まめに清掃するように注意書きには書かれているらしいのですが
水の交換がすぐできてしまうためにそのままという事が多いらしい。

するとタンク中や本体内部に細菌やカビなどが繁殖しやすくなって
その菌が繁殖した水を超音波の力で空気中に飛ばしてしまう。


そんな空気を長時間吸い続けるとアレルギーを起こす事がありそれが
加湿器病(過敏性肺臓炎)と言われるんだそうです。


なので古い超音波式を洗わずに使っている人は買い替えた方が良いでしょう。

超音波式をこまめにお掃除して使うか加熱式をオススメします。

posted by ニック at 17:26| 🌁| Comment(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。