2009年04月08日

10万円札の「あぶらとり紙」

東MAXがよくやるギャグにお札の束で汗を拭くってのがありますが
そんな気分が味わえる「あぶらとり紙」がありました。

バンダイから発売の「あぶらとり紙 拭沢油吉(ふくざわゆきち)」
というネーミングなんですよ。

名前のとおりデザインは福沢諭吉の1万円札に似せてあり額面は
10万円なのでちょっとしたゴージャス感が味わえそうです。


このあぶらとり紙のデザインがお札なんですがケースとして
紙製のお財布型ケースも付いています。

なのでお財布から一万円札(あぶらとり紙)を出して顔を拭くと
みんなの注目を集めること間違いなしですね。


あんまり顔のテカリをおさえているところは注目されたくないかも
しれませんが、ちょっとしたシャレで持ってるとおもしろいかも。。。


素材にはやさしい肌触りで吸水性抜群の天然麻を使用してます。


また、このあぶらとり紙の中台紙にはお金にまつわる
格言が書かれているのでとても勉強になりますよ!


みなさんも一度東MAXの気分を味わってみよう〜!!!

商品は下の方でご案内してます。


「楽天」でも買えますよ。
※ご興味がある方は画像をクリックすると「楽天」に移動します。
    ↓ ↓ ↓


posted by ニック at 15:38| ☀| Comment(0) | 変わったもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

純金の栞はいかが?

読書をしているときに絶対に必要なのはですよね?

ある程度読んだところでサッとを挟んでおきたいですからね。


本屋さんで紙製のをくれる時がありますが読書好きな方なら自分の
お気に入りをお持ちになるのもいいのでは。

そこでオススメなのが三菱マテリアルから発売されている純金製の
なんです。

純度99.99%の純金を厚さ7〜10数ミクロンに圧延した薄板に
薄いラミネートで保護してにしてあります。

今回、新発売となったのは「純金ブックマーカー 四季セット」と
言いまして季節感あふれる「筍」・「すいか」・「柿」・「ゆず」の
春夏秋冬の四つのデザインが1セットになっています。

ちょっと珍しい贈り物として卒業や入学、就職のお祝い等にも
喜ばれるのではないでしょうか。


ちょっと気になる純金の重量なんですが1枚あたり0.39g(計1.56g)と
なっております。

最近の金価格高等でちょっと高くなっているかもしれませんが
いざと言う時には現金化も出来るかもしれませんよ。


また、原材料の純金の価格が変動するとこの商品の価格も
変動する可能性があるそうですよ。

ラベル:純金 読書
posted by ニック at 14:26| ☁| Comment(0) | 変わったもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

ピュアモルト多機能ペン ん?

樹齢100年を超えるオーク材の樽でじっくり寝かせたピュアモルト
大きめのグラスに丸く削った氷の上から注いでゆっくりと楽しむ。

なんて優雅な世界も良いものですね。。。


アッ!  また妄想の世界に・・・


今回はそんなピュアモルトを長年に渡って育て上げてきたオーク材の樽が
繰り返し使われて色・香り共に出尽くして約50年の寿命を終えたその後の
余生のお話なんです。

そんなオーク材は非常に頑強で木材としては十分に使用できるんです。

そこに目を付けたのがなんと三菱鉛筆だったんですね。


このオーク材を丁寧に削りだしてペン軸として使ったんです。

やはり良いペンとは長く使うほどに手に馴染み味わい深さが増してくる
物なので、そんな素材として150年の歴史を刻んだオーク材は正に
ピッタリだったんですね。


社会人ともなるとそんなこだわりのペンを持ちたいものです。


また、ピュアモルト多機能ペンは名前の通りに多機能
なので黒・赤・青とシャープペンシルが付いているので
実用性も高いんですよ。


入進学や新社会人の贈り物にも良いのではないでしょうか。


見たい方は下の方を見てくださいね。


楽天」でも買えますよ。
※ ご興味がある方は画像をクリックすると「楽天」に移動します。
  ↓ ↓ ↓


posted by ニック at 22:01| ☁| Comment(0) | 変わったもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

MONO消しゴムの消臭剤

消しゴムと言えば思い出すのはMONO消しゴムではないでしょうか?

あの青と白と黒のケースに入ったMONO消しです。

子供の頃はカラフルだったり良い臭いがする消しゴムやキン消しなどを
使っていても、高校くらいからはこのMONO消しを使ってました。


やっぱりMONO消しが一番きれいに消えるんですよね。


でも今回はこのMONO消しではなくてMONO消しをモチーフにした
消臭剤で名前はストレートに「MONO消しゴム消臭剤」です。

コンセプトは「消しゴムで字を消すように臭いを消す」なんだそうです。

大きさこそ全然大きいのですがデザインは全くのMONO消しゴムです。


学生の机の上なんかに置くとマッチしそうですね。


また、消臭成分として消臭効果と脳の活性化に有効な青葉アルコールが
含まれているので仕事や勉強の時にも脳を活性してくれそうですね。


このMONO消しゴム消臭剤は透明なプラスチック製の容器の中に
白い消臭剤が入っているので消臭剤が減ると外側の巻紙ケースを
やぶいて使えるのでMONO消しゴムそのものって感じですよ。

発売はバンダイでトンボ鉛筆との使用許諾契約によって実現した商品なんです。

1個で約2〜3ヶ月使えるそうですよ。


シャレで使ってみませんか?


見てみたい方は下の方を見てください。


楽天」でも売ってます。
※ ご興味がある方は画像をクリックすると「楽天」に移動します。
    ↓ ↓ ↓



posted by ニック at 19:13| ☁| Comment(0) | 変わったもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。